世界一安全な手術|自毛植毛なら拒否反応が出ない

男の人

必要なら専門外来に相談を

鏡を見る婦人

男性用の物は使用しない

育毛シャンプーや育毛剤など、薄毛のケアのために用いる道具は全て女性向けのものを選ぶことが大切です。女性が男性向けの育毛商品を使用しても必要な成分の違いから薄毛対策の効果が無いばかりか、頭皮の状態が悪化したりといった副作用も考えられるので注意が必要です。また女性は男性に比べてエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量の変化などに影響を受けやすい点も、気をつけたいポイントです。特にホルモンの分泌量が変化しやすい出産や、閉経の前後などは薄毛の心配が高まります。さらにストレスも薄毛につながりやすいので、普段の生活スタイルも気をつけるべきです。薄毛が気になり始めたら、FAGAなどの薄毛治療の専門外来に相談するのも望ましいと言えます。

髪型が与える頭皮への影響

毎朝の家事の開始前や出勤前に髪型をセットするのは女性のたしなみです。しかし髪型と薄毛は密接な関連もあるので、知っておきたいポイントです。例えばキューティクルを傷めやすい逆毛や盛り髪といったヘアスタイルは、髪に大きな負担を与えます。薄毛が気になる場合にも逆毛や盛り髪で、気になる部分を覆う人がいますが、これがより症状を進める結果にもなりがちです。またスタイリング剤の使用も刺激が強いため、頭皮にダメージが蓄積する可能性があります。どうしてもスタイリング剤を使用する場合は、帰宅後にしっかりと洗髪して落としてあげるようにします。できるだけ負担が頭皮や髪に掛からない、ナチュラルな髪型が女性の薄毛対策には効果的です。